SANTANA BROTHERS ( CARLOS, JORGE & HERNANDEZ SANTANA )

santana-brothers

SANTANA BROTHERS / 1994年9月発売

SANTANA も MILAGRO で終わりにしようと思っていましたが、もう1作どうしても取り上げておきたいアルバムが残っていました。

この SANTANA BROTHERS は MILAGRO から2年後に発売されたアルバムで
BLUES FOR SALVADOR と同様、バンドとしての SANTANA とは別の Carlos Santana 個人のアルバムです。弟の Jorge、 甥の Hernandez との共作です。音楽的には MILAGRO の延長と考えてよい内容ですが、ボーカルなしのギタープレイのみのアルバムとなっています。日本ではあまりなじみのないアルバムですが、聴いてみると全曲素晴らしい、隠れた名盤と言ってよいかもしれません。

クレジットによると Carlos Santana が 単独でソロをとっているのは 3.Luz Amor?y Vida と 6.Blues Latino のみとなっていますが、他の曲でも誰が弾いているのかよくわかりません。しかし Carlos Santana の Paul Reed Smith というギターは ちょっとこもったような甘い音が特徴なので なんとなくわかる部分があります。

4.En Aranjuez Con Tu Amor (アランフェス交響曲) はこのアルバムの圧巻で バンドとしての SANTANA のアルバムには まず収録されない曲でしょう。 5.Contigo は いかにも Carlos Santana らしい素晴らしい曲です。

このアルバムは かなり SANTANA を聴き込んでいる人しか知らないアルバムですが 3人のギタリストがのびのびとプレイしており、是非聴いていただきたいアルバムです。しかし、現在では 入手困難な様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。