BLUES FOR SALVADOR ( CARLOS SANTANA )

blues-for-salvador

BLUES FOR SALVADOR (CARLOS SANTANA) / 1987年10月発売

Carlos Santana のソロ作品として 1987年に発表されていますが、あまり知られていないと思います。しかし タイトル曲の Blues For Salvador は その年のグラミー賞の Best Rock Instrumental Performance 部門を受賞しています。

バックのミュージシャンが当時の SANTANA バンドのメンバーとほとんど同じなので ソロとバンドの名義の区別はないと考えてよいと思います。しかしCarlos Santana の Jazz への傾倒は強く、アルバムを売るためにPop 路線を歩まざるを得なかったバンドとしてのSANTANA とは別に 自分のやりたかったことを優先させたアルバムの1枚です。 このアルバムでは Jazz ミュージシャンの Tony Williams (ドラム)と共演しているのが興味深い所です。また 全体的に この頃のトレンドである Fusion や Funk の影響が強く見られるのも特徴です。

1曲目から かつてのスリリングな Carlos Santana のギターが炸裂し、強烈なラテン・パーカッションと絡み合うおなじみの SANTANA サウンドを聴くことができますが、以前のラテンの泥臭さが消え、代わりに Fusion の味付けがされています。2曲目の BELLA という曲は いつもの Santana とはやや違う 限りなく美しいギタートーンで穏やかに弾きこなされた大変すばらしい曲です。3曲目以降は Jazz やブルース、ラテン調のアレンジに加えて ハードロック調のアレンジも加わり、Carlos Santana の絶妙の早弾きのギターが全体を引っ張ってゆく曲ばかりです。

そして このアルバムのクライマックスは最後にやって来ます。最後の曲 Blues For Salvador はその名のとうり、ブルースギターソロをたっぷり聴くことのできる曲です。Carlos のワウを駆使した鬼気迫るギタープレイはすばらしく、まさに渾身の作品と言えるものです。SANTANA ファンには是非聴いて欲しい曲です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。