Songs For Groovy Children: Fillmore East Concerts (5CD)

1969年の大晦日と1970年の元旦に、ジミはNYフィルモアイーストのステージに新しいバンド、それは古くからの友人であるビリーコックス(b)とエレクトリック・フラッグのメンバーだったバディ・マイルズ(ds)とともに登場し、この3人によるグループが正式に「バンド・オブ・ジプシーズ」と名付けられる。

新しい組み合わせによって生み出されたサウンドはソウルフルでファンキー、歌詞は内なる平和を求め、普遍的な愛と相互理解へのはっきりとした願いをテーマにしていた。

グループは1ヶ月後に解散と短命だったが、ジミが1970年に悲劇的な死を迎える前に未来を見据えての大胆なステップをここに残したのだ。

歴史的なパフォーマンスから50年、今作はジミのエンジニアであるエディ・クレイマーがオリジナルのマスターテープからリミックスを施し、名匠バーニー・グランドマンがマスタリングを手掛けている。

収録曲


CD1
12/31/69 1st Set

01. Power of Soul
02. Lover Man
03. Hear My Train a Comin’
04. Changes
05. Izabella
06. Machine Gun
07. Stop
08. Ezy Ryder
09. Bleeding Heart
10. Earth Blues
11. Burning Desire

CD2
12/31/69 2nd Set

01. Auld Lang Syne
02. Who Knows
03. Fire
04. Ezy Ryder
05. Machine Gun
06. Stone Free
07. Changes
08. Message to Love
09. Stop
10. Foxey Lady

CD3
1/1/70 1st Set

01. Who Knows
02. Machine Gun
03. Changes
04. Power of Soul
05. Stepping Stone
06. Foxey Lady
07. Stop
08. Earth Blues
09. Burning Desire

CD4
1/1/70 2nd Set

01. Stone Free
02. Power of Soul
03. Changes
04. Message To Love
05. Machine Gun
06. Lover Man
07. Steal Away
08. Earth Blues

CD5
1/1/70 2nd Set

01. Voodoo Child (Slight Return)
02. We Gotta Live Together
03. Wild Thing
04. Hey Joe
05. Purple Haze

 

 

 

(2019.11.14)