Quadrophenia (1979) – THE WHO

「さらば青春の光」(原題「QUADROPHONIA=「四重人格」)は、1960年代のイギリスの若者達、「モッズ」と「ロッカーズ」の間で実際に起きた暴動事件をもとに、ある一人の青年の心の軌跡を描いた作品です。
映画内に登場するモッズファッションや音楽は未だに人気が高く、この作品は一種のカルト映画となっています。
1979年10月、サウンドトラック・アルバム『Quadrophenia』がポリドールレコードから発売された。1973年のロックオペラ『四重人格』(Quadrophenia)を参照した1979年の映画『さらば青春の光』(Quadrophenia)の原題と同じタイトルである。
 
https://youtu.be/nLuDb6N8v10
 
(2020.03.31)