Everybody’s Got Something To Hide Except Me And My Monkey – THE BEATLES

隠れたJohn Lennonの名曲。WHITE ALBUM, Disc 2に収録されています。この曲の題名は意味不明ですが、「モンキー」とは1940年代、50年代にジャズ・ミュージシャンの間で使われていたヘロイン中毒を意味する隠語でもありました。St.Pepper以降Lennon の作曲能力が落ちたのはヘロイン中毒のせいともいわれています。このギターを1人で弾く場合は VerseをLennon part, ChorusをHarrison partで弾きます。

(2019.08.12)