元ヤクザが語るポール・マッカートニーとの獄中交流「陽気に『イエスタデイ』を歌い始めた」

 

1980年1月16日、日本公演のために来日したポール・マッカートニーが大麻所持で成田空港で現行犯逮捕された。  逮捕後、彼が勾留されたのが警視庁本部の留置場。結局、10日間の勾留を経て、国外退去処分となったポールは、イギリスへ帰国。すべての公演はキャンセルとなった。  当時、獄中でたまたま彼と居合わせたのが、広域暴力団の二次団体に所属し、フィリピン・マニラで殺人に絡み逮捕された瀧島祐介氏だ。  先日刊行された初の著作『獄中で聴いたイエスタデイ』(鉄人社)には、彼が留置場内でポールと居合わせたときのエピソードが克明に綴られている。

 

(2016.12.23)

 

元ヤクザが語るポール・マッカートニーとの獄中交流「陽気に『イエスタデイ』を歌い始めた」