ATOM HEART MOTHER-原子心母 ( PINK FLOYD )

atom-heart

ATOM HEART MOTHER ( PINK FLOYD ) / 1970年10月発売

PINK FLOYD(ピンク・フロイド)は、イギリス出身のロック・バンドです。彼らの前身は 1965年、Roger Waters, Richard Wright, Nick Mason らが結成したバンドで その後 PINK FLOYD と改名し、Syd Barrett が加入してから本格的な音楽活動に入りました。しかし Syd の薬物依存によるバンド脱退後 David Gilmour が加入してからが 黄金期と言われています。
彼らはサイケデリック・ロックやブルース、フォークを織り交ぜた壮大で幻想的な独特のサウンドを創り出し、大掛かりな仕掛けでライトショーといわれる視覚と聴覚に訴えるライブを行い、哲学、政治、文学的な歌詞で世界的に人気を博しました。いわゆる Progressive Rock の代表格として扱われるバンドです。

代表作である「THE DARK SIDE OF THE MOON-狂気」は 5,000万枚、「THE WALL」は 3,000万枚、「WISH YOU WERE HERE」は 2,300万枚というセールスを記録し、2012年で総売り上げは2億3000万枚と商業的にも大成功を収め、今だに売れ続けています。

「原子心母、原題 ATOM HEART MOTHER 」は 1970年に発表された PINK FLOYD のスタジオ録音アルバムで ロンドンのあの有名なAbbey Road スタジオで録音されました。1968年に結成されたイギリスのデザイン・グループであるヒプノシス( Hipgnosis ) による牛のジャケットも有名です。このアルバムは Progressive Rock を代表する名盤とされ、全英初登場1位、全米55位を記録するなど各国でヒットしました。その要因として Syd Barrett が在籍中の彼らのアルバムはアンダーグラウンド的で難解な作品が多かったのが、彼の脱退後、 David Gilmour が加入し 分かりやすく 聴きやすい内容になったことが考えられます。
表題曲の「原子心母」は23分を超える大作で ストリングスやブラスバンド、コーラス隊などを大胆に使った作品です。原題の「ATOM HEART MOTHER」は原子力駆動の心臓ペースメーカーを体内に埋め込んだ女性の新聞記事「Nuclear drive for woman’s heart 」から取られたものとされています。制作は困難を極めたため メンバー4人だけでなく Roger Waters の知人の Ron Geesin がアレンジを担当しています。アルバムにはこの曲の他にもバンドのメンバーによる書き下ろし曲と全員による共作も収録され、こちらも結構良い出来なのですが「原子心母」が大作すぎて あまり話題にならないのは残念です。
この時代 Progressive Rock 界において クラシック音楽とロックの融合を試みるのが流行で、最も成功したのが EMERSON LAKE & PALMER の「展覧会の絵」とPINK FLOYD の「原子心母」であったと言われています。

「原子心母」を初めて聴いた時の衝撃は忘れられません。最初はオーケストラの音出しのリハーサルを思わせる出だしから始まり、やがて意味もなくバイクの爆音が右チャンネルから左チャンネルへと駆け抜けた後、原子心母の美しいテーマ・メロディーをバイオリンとWright のキーボードが奏でます。この部分のキーボード演奏は実に上手く、効果的です。全編にわたり コーラスは入るものの ボーカルはありません。オーケストラ、コーラス、ギター、キーボードが入り混じって 盛り上がりを繰り返しながら 最後に壮大なフィナーレを迎えます。もうこれは現代のクラシック音楽と言ってよいかもしれません。
この作品全体を通して 重要な特徴は 聴く人の気分をリラックスさせてくれる「浮遊感」が常に感じられることです。先に紹介した KING CRIMSON の作品でも独特の浮遊感を感じることが出来ましたが、それはメロトロンという楽器によるものでした。しかし この「原子心母」で感じられる浮遊感の秘密はDavid Gilmour の巧みなギター・プレーにあります。彼は Fender Stratocaster の使い手として有名ですが、トレモロを効かせた 歪のない高音の澄み切った音は 現在の様にeffector の発達していなかった1970年当時ではStratocaster でしか出せませんでした。彼のギター・プレーはスペース感、つまり宙に浮いている様な感覚をもたらす独特のもので、さらにRichard Wright? のキーボードも加わって 誰もまねの出来ない音響空間が創り上げられました。彼らがこのアルバムで創り上げた音は後のアルバムにも引き継がれ、その後 PINK FLOYDは現在まで40年以上にわたって Progressive Rock界におけるゆるぎない地位を確立しました。

2010年の「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」においてPINK FLOYD は第51位です。

pink-floyd

PINK FLOYD ( 左から R.Wright, D.Gilmour, N.Mason, R.Waters )

pink-floyd-live

ライトショーと言われた PINK FLOYD のライブ

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト(2010年)

1. The Beatles
2. Bob Dylan
3. Elvis Presley
4. The Rolling Stones
5. Chuck Berry
6. Jimi Hendrix
7. James Brown
8. Little Richard
9. Aretha Franklin
10. Ray Charles
11. Bob Marley
12. Beach Boys
13. Buddy Holly
14. Led Zeppelin
15. Stevie Wonder
16. Sam Cooke
17. Muddy Waters
18. Marvin Gaye
19. The Velvet Underground
20. Bo Diddley
21. Otis Reading
22. U2
23. Bruce Springsteen
24. Jerry Lee Lewis
25. Fats Domino
26. The Ramones
27. Prince
28. The Clash
29. The Who
30. Nirvana
31. Johnny Cash
32. Smokey Robinson and the Miracles
33. The Everly Brothers
34. Neil Young
35. Michael Jackson
36. Madonna
37. Roy Orbison
38. John Lennon
39. David Bowie
40. Simon and Garfunkel
41. The Doors
42. Van Morrison
43. Sly and the Family Stone
44. Public Enemy
45. The Byrds
46. Janis Joplin
47. Patti Smith
48. Run-DMC
49. Elton John
50. The Band
51. Pink Floyd
52. Queen
53. The Allman Brothers Band
54. Howlin’ Wolf
55. Eric Clapton
56. Dr. Dre
57. Grateful Dead
58. Parliament and Funkadelic
59. Aerosmith
60. The Sex Pistols
61. Metallica
62. Joni Mitchell
63. Tina Turner
64. Phil Spector
65. The Kinks
66. Al Green
67. Cream
68. The Temptations
69. Jackie Wilson
70. The Police
71. Frank Zappa
72. AC/DC
73. Radiohead
74. Hank Williams
75. Eagles
76. The Shirelles
77. Beastie Boys
78. The Stooges
79 The Four Tops
80. Elvis Costello
81. The Drifters
82. Creedence Clearwater Revival
83. Eminem
84. James Taylor
85. Black Sabbath
86. Tupac Shakur
87. Gram Parsons
88. Jay-Z
89. The Yardbirds
90. Carlos Santana
91. Tom Petty
92. Guns n’ Roses
93. Booker T. and the MGs
94. Nine Inch Nails
95. Lynyrd Skynyrd
96. Diana Ross and the Supremes
97. R.E.M.
98. Curtis Mayfield
99. Carl Perkins
100. Talking Heads