非ステロイド性抗炎症薬( NSAIDs, 痛み止めとして処方される薬 )による胃腸障害について

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は痛み止めとして関節リウマチの治療において使用されることの多い薬剤です。副作用として最も多いのが上部消化管病変で 特に胃・十二指腸潰瘍が問題となっています。NSAIDs による潰瘍の … 続きを読む 非ステロイド性抗炎症薬( NSAIDs, 痛み止めとして処方される薬 )による胃腸障害について