Jimmy Page 来日中止!

s0linben

左からジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ブライアン・メイ(Queen)

4月3日に 長崎県美術館で開催中のスウィンギン・ロンドン展に ジミー・ペイジが来て トークショーをする予定になっていました。この機会を逃すと 一生会うことは出来ないと思い、一家総出で 徹夜して並んで入場整理券をいただこうと計画していました。ところが 原発事故のため 英国政府から渡航自粛勧告が出たとかで 1週間前になって急に来日中止になってしまいました。ジミー・ペイジは英国にとって人間国宝級であり、おそらくロンドンオリンピックの開会式のメインイベントに登場するはずの人物でもあるので 仕方がないでしょう。でも 残念です。こうなったら いつか ロンドンの The Tower House (ジミー・ペイジの自宅) に行ってやろうと思います。

写真は 左から ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ブライアン・メイ ( Queen ) です。この方たちは 英国の外貨獲得、さらに ロックの普及と音楽産業の発展に貢献したので 英国にとっては 人間国宝級の価値があると言ってもよいでしょう。 しかし この時 女王陛下は この4人の名前をよくご存じなかったとか( 2005年03月02日バッキンガム宮殿に4人が招待された時の事)。

Guitar legends greeted by Queen

Eric Clapton and Brian May were greeted by the Queen
Rock guitarists Eric Clapton, Brian May and Jimmy Page were among musicians greeted by the Queen at a reception to honour British musical talent.
When the Queen asked “what do you do?”, Queen guitarist May said that he had performed on the roof of Buckingham Palace at the Golden Jubilee concert.

“Oh! That was you, was it?” the monarch replied, before asking Clapton how long he had been playing the guitar.

Singer Geri Halliwell broke with protocol by arriving 40 minutes late.

‘Fantastic’

The Queen is always expected to be the last person to arrive at a royal occasion, while Halliwell said it was “fantastic” to be invited to the reception as one of 500 guests.

“It’s great to meet her – and it doesn’t matter at all that she did not know who were are or what we do. I wouldn’t expect her to,” said Clapton, who has been a guitarist for 45 years.
( From BBC NEWS )


jimmy-scarlet-page

Scarlet Page

※写真は ジミー・ペイジの実のお嬢様であるスカーレット・ペイジ ( Scarlet Page )。ロックアーティストなどを撮っている写真家です。
以下、長崎県美術館Hp.のお知らせです。

*************************************************

■ 名称 【中止のお知らせ】 スウィンギン・ロンドン展関連企画 SPECIAL TALK SHOW(スペシャル・トークショー)
■ 会場 県民ギャラリーC
■ 期日 4月3日(日)14:00~15:00 ※開場は13:30。
■ 主催 長崎県美術館、エフエム長崎
■ 概要 ※誠に申し訳ありませんが、東北地方太平洋沖地震の影響により本イベントは中止となりました。何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

(イベント内容)
本展覧会のイギリス側の監修者であり、数多くの作品を出品していただいたマイケル・ホワイトウェイ。貴重なギターや衣装を出品していただいたジミー・ペイジ。そして、ジミー・ペイジの衣装などを手掛けたファッションデザイナーのポール・リーヴスに、「スウィンギン・ロンドン」と称された1950~60年代についてお話しを伺います。

日時:4月3日(日)14:00~15:00 ※開場は13:30
会場:県民ギャラリーC室
定員:先着300人
※当日11:00より1F受付にて整理券を配布(要本展観覧券)。
※整理券は、一人につき一枚。なくなり次第終了します。
※整理券は、状況により配布時間が早まる場合があります。
※当日は、当館屋外の大型ビジョン及び館内ホールにて、パブリックビューイングを行う予定です。
※スペシャル・トークショーの様子は、後日当館ホームページ上で動画配信いたします。

*************************************************